G.K.チェスタトンの「ブラウン神父物語」:フィクションにおける逆説の様態