ジェムズ・ジョイス「ダブリン市民」:エグザイル文学の土壌