盛期バッロクの劇作家 アンドレァス・グリュフィウスの世界(1)