ヴァリニャーノがみた利休のわび茶: 茶書からの考察